有酸素運動をしているのに痩せない!その運動法、間違っていませんか?

ダイエットでは食事に気を配ることも勿論大切ですが、何よりも効果的だと言われているのはやはり運動です。
特に「脂肪燃焼効果のある有酸素運動はダイエットにぴったり」と言われているのを、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際ダイエットのためにウォーキングやジョギングといった有酸素運動を始めてみたものの、なかなか痩せないという悩みを抱えている人も巷には沢山いらっしゃいます。
残念ながら、間違った有酸素運動を行ってしまうと、思うようなダイエット効果は得られません。
では一体どのようにして有酸素運動を行えば、きちんとしたダイエット効果を得られるのでしょうか。
そこで今回は、ダイエットのための有酸素運動に起こしがちな間違いについて、詳しく解説してみたいと思います。

そもそも有酸素運動とは?

運動には、大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があります。

無酸素運動とは、筋トレやダンスなど、短時間で筋肉に強い負荷をかけて行う運動のことです。
無酸素運動では、必要とされる酸素の量が少ないとされており、筋肉に蓄えられている糖質が運動のエネルギー源として消費されます。
有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング・ランニングのように、身体に弱い負荷を長時間かけ続ける運動のことで、外から取り込んだ酸素を使ってエネルギーを消費します。

無酸素運動は、燃焼される脂肪の量こそ少ないものの、基礎代謝を高める効果があるため、痩せやすい身体を作り上げることができます。
その一方で、有酸素運動では血液中の糖質が運動のエネルギー源として使用されるため、脂肪燃焼効果があります。

有酸素運動は無酸素運動と比べると、ウォーキングやジョギングなど手軽に続けやすいものが多く、身体への負荷も少ない運動となっています。
そのため手軽な運動で脂肪燃焼効果が出ることを期待して、ダイエットのために有酸素運動を行っている女性が非常に多いのです。

間違った有酸素運動とは?

実際に有酸素運動を日常的に行っている女性も多い中で、よく耳にするのが「有酸素運動を行っているのに痩せない!」という声です。
せっかく時間を割いて運動を行っているのに、思うようなダイエット効果が出ないのでは、折角の努力が無駄になってしまいます。
そこで、有酸素運動を行うにあたって犯しがちな間違いについて、いくつかご紹介してみたいと思います。

有酸素運動を20分以上行っていない

有酸素運動は20分以上行わないと効果がない、と耳にしたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。
有酸素運動とは、身体に弱い負荷を「長時間」かけ続ける運動のことを指し、この長時間とは20分以上運動を行うことを指します。
有酸素運動では、20分以内の運動で消費される脂肪は血中の脂肪であり、20分以上行うことでようやく皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼しはじめます。
健康目的であれば、血中の脂肪を消費する短時間運動でも問題ないのですが、ダイエット目的となると20分以上行わなければ効果はありません。

空腹時に有酸素運動を行っている

「お腹が空いている状態で運動をすれば、効率的に脂肪を燃焼できるのでは?」と考えて、お腹がすいた状態で運動を行う人がよくいます。
しかしこれは大きな間違いであるうえに、空腹状態で運動をすることで低血糖や脱水状態を起こしてしまう危険もあるのです。

有酸素運動で使用する筋肉は、糖質と脂質をエネルギー源として使用しています。
空腹状態で有酸素運動を行うと、身体に蓄えられた体脂肪ではなく、血液と筋肉に蓄えられた糖質・脂質をエネルギー源として使用してしまうため、ダイエット効果が出ないのです。

有酸素運動は空腹時に行うのではなく、消化を妨げないように食後1~2時間後に行うことがベストとされています。

筋肉が発達していない

ダイエットの脂肪燃焼には有酸素運動が効果的とはいえど、実はちゃんと筋肉を鍛えていないと、消費されるカロリーは少なくなってしまいます。
先に説明した通り、有酸素運動は脂肪燃焼効果がある一方で、無酸素運動には基礎代謝を上昇させる効果があります。
つまり、無酸素運動による筋トレを行うことで基礎代謝が上がれば、日頃の生活や運動で消費されるカロリーも増え、効率的なダイエット効果を得ることができるというわけです。
また脂肪は筋肉があった方が燃えやすいとも言われており、筋肉が発達していない状態では有酸素運動をどれだけ行っても効果が出にくいと言われています。

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行うことが、ダイエットには最も効果的なのですが、行う順番を間違えるとその効果が発揮されません。
筋トレを行った後に有酸素運動を行うことで、代謝が上がりやすい身体になり、脂肪燃焼効果もアップします。
そのため、有酸素運動と無酸素運動を行う場合には、筋トレ後にジョギングを行うなど、無酸素運動から始めることでその効果が出やすくなります。

まとめ

有酸素運動を行う際に起こしがちな間違いについて、いくつかまとめてみました。
もし有酸素運動を行ってもなかなか痩せないという人は、今一度自分の運動の仕方を見直してみてくださいね。
有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることも、なかなか時間や体力的に難しい部分もあるかもしれませんが、意外と身体を思いっきり動かすことはストレス発散にもなり気持ちいいものです。
運動が億劫に感じている方も、この機会に身体を動かしてみて、健康的に美しくスリムなボディを目指してみませんか?

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る